まりさんぽ

ニューヨーク生活の日々の記録です。毎日のごはん・子育て・たまに仕事、について。

土曜学校見学。

日本だと、この4月から1年生になるジョー。
ニューヨークには、
土曜日に行われている日本語の
補習校や学校がいろいろあって、
たいていの日本人の子供たちは
どこかしらに通っているのだけど、
ジョーはまだ行ったことがありません。。。
(そろタッチは行ってるけど。)

うちは共働きなので、
ジョーは学校の授業が終わったあと、
毎日5時半までアフタースクール
(日本でいう学童)に参加しています。

ジョーはおうちで遊ぶのが大好きなので、
週末くらい家でのんびりさせてあげたい、
と思う気持ちもあって、
補習校はこれまで見送ってきました。

土曜日に朝からお昼すぎまで学校行くなんて、
しかも補習校の宿題もたくさんあるなんて、大変。


でも先日、永住する子たちの
日本語保持を目的とする学校から、
空きがでたので見学どうぞ、と言われたので、
ジョーを説き伏せて見学に行って来ました。

ブルックリンにあるその日本語学校は、
生徒も100人以上いて、
国語・算数といった授業はないけれど、
カリキュラムはしっかりしていて、
なかなか良さそうな感じ。


だけどジョーはやっぱり行きたくないんだって。
クラスは楽しかったけど、
とにかく学校に行きたくないんだそうな。
ちょっとがっかり。

「学校に行かないんだったら、
家で日本語の勉強ちゃんとやる?」
と聞いたら、
「おうちで勉強する!」と元気な返事。

これまでも日本語の勉強は
がんばってやってきているしね。。。
強く言えません。

選択肢はたくさんあれど、
いったい何を選べば、何をすればベストなのか、
分からなくて困ってしまいます。


私としては、
日本に近々帰る予定はないし、
日本人の両親から生まれたからといって、
ジョーが日本語がネイティブでなくても問題ない
と思ってしまう傾向があります。
ルー語でもしゃべるならいいや、みたいな。

一方でただきちは、
ここに住む多くの日本人が考えるように、
日本語ができれば仕事の選択肢もひろがるし、
頑張らせるべきだ、と思っているみたい。

ほかの学校も見学に行ってみるべきなのかなー。
それとも、
通信教育とか、テレビの番組を利用して、
どのくらいの日本語力がつくのかなあ。

小学1年生を前にして、悩み中です。

乳歯が抜けたよ!

ジョーの乳歯が抜けました!

学校のお友達はすでに前歯のない子が多く、
10日ほど前から、ジョーの前歯もついにぐらぐらし出し、

いつ抜けるか楽しみにしていました。



米国では、tooth fairy(歯の妖精)が
抜けた歯と引き換えにお金を置いていってくれる、
ということになっていて、
ジョーも歯が抜ける前から、
「Tooth fairyが100ドルか10ドルか1ドルくれるんだよ」
と興奮。

お小遣いもおつかいも縁のない生活のため、
お金の価値がぜんぜんわかっていない6歳のジョー。
100ドルと1ドルはかなり違うんだけど(笑)。

「Tooth fairyにお金をもらったらどうするの?何か買うの?」
と聞いてみたところ、
「うーん、分からない。マミーがお金欲しかったらあげるよ」
だって!な、なんて優しいの。
「マミーお金いらないけど、そう言ってくれてありがとう~」
と言ったら、照れたドヤ顔していました。

で、ついに歯が抜けたので、tooth fairyに手紙を書きました、
というか、書かせました。

Dear Tooth Fairy, 
How are you? Here is my teeth. Open here. 
From Joe

朝起きると、まくらの下には5ドル札が2枚!
ジョーは、走ってやってきて、
「みてー!10ドルだよ!」
と目を輝かせてにこにこ。よかったねえ!

ところで、実は私、こういう類のものがどうも苦手で、
「サンタとか妖精が勝手に家に入ってきたら
怖いっちゅーねん!誰だって(ジョーだって)そう思うよね?」
とついつい夢のない考えにとりつかれてしまうのです。
しかも嘘つくの下手だしね。。

でも、あのキラキラな目で喜んでいたジョーを見て、
「そうかー、子供はホントに信じてるんだ~」
と超現実的思考の自分を反省したのでした。

 

 

大きくなったら

私に似たのか、カイの肌はアトピーぽくて、
引っ掻き傷が絶えません。
お風呂上りはべとべとにクリームとワセリンを
塗ってあげないとカサカサです。

でも、本人はクリームを塗られるのより、
塗るのがとにかく大好き。
チューブのワセリンを一生懸命押し出して、
自分のみならず私の足にも塗ってくれます。

あまりにもクリームを塗るのが好きなので、
「カイはダーマトロジスト(皮膚科医)になるかもよー。
で、患者さんに、
『あの先生、なんでもかんでもワセリンで直そうとするんだよねー』
とか文句言われるかも~!」
と私はジョークを言っています。
f:id:e3ny:20180127062720j:image
一方、ジョーはこれまで、すごくなりたい職業はないようなのですが、
この間、学校の授業で取り組んだらしい、
「大人になったらやりたいこと」を3つ書いた
プリントを持って帰ってきて、
それには、
「Dentist(歯科医), Scientist(科学者), Take care crying baby(泣いている赤ちゃんの面倒を見る)」
と書いてありました。

歯科医と科学者は分かるけど、
赤ちゃんを面倒見るのは・・・保育士??
普段からまったく赤ちゃんにも弟にも興味なさそうなんだけど(笑)、
ジョーもカイを見て、いろいろ考えているのかな。

ただきちは、「二人とも医学部だと学費大変そう~」
とか言っていましたが、
私的には、二人とも医学部に行くなんてことになったら、
家を売ってでも学費出してあげちゃうわよ!(笑)ははは。。。

でも私は、
ジョーは高校生くらいになったら、演劇部に入って、
ミュージカルスターになりたいって言うんじゃないか、
と勝手に予想しています。
当たったら怖いけど!

 

2歳2ヶ月のカイ

カイ2歳2ヶ月、
最近はイヤイヤも下火で、かわいさ爆発中です。

f:id:e3ny:20180125084528j:image
とにかくなにもかもかわいいです。
「あ~、ジョーもこんな時あったなー」
と思い出して、私のデレデレは2倍。
かわいすぎてたまりません。

言葉もどんどん増えているのですが、ほぼ全部英語。
いつのまにか、大抵の動物の名前や丸・三角・四角も覚えていました。
Wake up, Jojo!とジョーを起こしに行ったり、
What are you doing, Mama? とか、
What's this? と聞いてきたりもします。
特に回答は求めていない感じですが。

最近、お気に入りのチャギントンを観て、
"ahaha, funny face!" とウケたりもします。
赤ちゃんの頃は、物静かな感じのカイでしたが、
最近はなかなかひょうきんです。

カイは、しゃべり始めた頃から今でも
「K」と「T」が発音できません。
「オーケー」は「おーちぇー」、
「パンプキン」は「ぱんぷちん」、
「トーマス」は「もーます」、
「納豆」は「なっのー」。

ああかわいい。
日本語も覚えてくれるといいなー。

 

 

初クルーズ。

子供たちの学校は、クリスマスから1月1日まで冬休みです。
昨年は年明けの1週間も学校をお休みして
日本に一時帰国しましたが、
今年は、カイが2歳の絶賛イヤイヤ期で、
14時間の飛行機がとてつもなく大変そうなので、
日本は諦めました。
f:id:e3ny:20180109125929j:image
いろいろ考えた挙句、
マイアミ出発のクルーズに決定。
子供フレンドリーそうな、カーニバルクルーズにしました。
日曜の午後、マイアミを出発し、
メキシコのコズメル島とフロリダのキーウェストに寄る
4泊の旅です。

旅行前からなんとなく風邪気味だったカイですが、
行きの飛行機で顔に湿疹ができ、湿疹が広がり、
クルーズ2日目には医務室にお世話になりました。

そこでお世話になった看護士さん、
東ヨーロッパ出身だと言っていましたが、
なんと数ヶ月クルーズで働き、
国に帰ってまた戻ってくる生活をしているのだそう。

クルーズのレストランや客室で働いている人たちも
そういう人が多そうでした。
恐るべしアメリカのクルーズビジネス。

お客さんに、南米の国から来ている人が多そうだったのも意外でした。

船の部屋はバルコニー付きでとても快適でした。
キングサイズのベッドと、
ソファーをシングルベッドにしてもらえ、
バスルーム前のクローゼットスペースもあって、ゆったり。
広い部屋を選んだ甲斐がありました。

ジョーは、部屋がとても気に入ったようで、

まるで家にいるようにくつろいでいました。
プールや子供のプレイルームにも行きたがらず、
レストランでも、「早く部屋に帰ろうよ」
と言うので笑ってしました。
家にいるのとおんなじじゃん!

コズメル島では、船を降りて、
大きなボートに乗ってビーチに行き、
キーウェストでは、
ツアートロリーに乗って島を一周しました。

クルーズは、
旅先で観光スポットやレストランを探す必要がないので、
子供連れにはぴったりだと思います。
今度(また行く気満々)は、
ニューヨーク出発のクルーズがいいな。

 

6歳のジョー。

ジョーは今、6歳と3ヶ月。

かわいいけど、生意気です。
私がちょっと怒ると、
「マミーもうやだっ!!」と叫んですねます。
まるで反抗期みたい。
だけど、自分のベッド(カイの隣)で寝るより、
「マミーの隣で寝たい。にゃーにゃー(とくっついて来る)」
と甘えてきます。

相変わらず家にいるのが大好きで、
週末どこかに行こうと誘っても、「やだ」と即答。
遊びに行った先で楽しそうにしていても、
ちょっとすると、「帰りたい」と言います。
家でテレビを見て、レゴで遊んでいるのが一番楽しいみたい。
昔から変わってません。

ちなみに先週、
お友達家族とジョーと私でボタニカルガーデンの
有名なトレインショーを見に行ったのですが、
「ジョーとついにトレインショーに来られてうれしいな~」
と私が言うと、
ジョーは「I came here to make you happy
(マミーが喜ぶと思って行くことにしたんだよ)」
だって!おいおい!!
ちょっとテンション下がりました(笑)。

 
f:id:e3ny:20171209010651j:image

2ヶ月前から、
そろタッチというiPadを使ったそろばん教室に通っています。
普段からあまり算数が得意そうではないので、
ゲーム感覚でやれるならいいかな、
しかも日本語のクラスだし、と思い、
行かせることにしました。

でもやはり、(クラスのない日も)
毎日練習しなきゃならない系の習い事なので、
家で間違えると泣き叫んでiPadを投げる勢い。
結構ストレスみたいなのです。

すぐにやめるのも良くないと思い、いろいろ試しています。
毎日一定量をクリアする、というのだと、
できないときにいつまでも終わらせられなく、
泣き叫んで手のつけられないことになるので、
最近は「1日5分集中!」で落ち着いています。

同じクラスの子がどんどん進むので、
それもプレッシャーなのかも。
でも、ジョーには1日たった5分でも続けることを覚えてもらいたいな。。

普段から、なるべく自信をつけさせて自己肯定力を高めたい、
とは思うのだけど、現地校の一年生になってから、
親としても、ジョーとのかかわり方を考えさせられることばかりです。

去年までは、
「わーすごい!そんなことも知ってるの!」
とか「そんなこともできるの!」ばかりだったのに、
今は、85点のテストを持って帰ってくると、
「あんまり良くわかってないのかな」
「もっと勉強させればよかったのかな」
と心配したり、
「なるべくジョーの機嫌を損ねずに復習させなきゃ」
と考えたり。

テストの点や成績だけを気にするのではなく、
もっと本質をみて、
ジョーに「よくがんばっているね」
ということを伝えるようにしたいです。
いろいろと難しいけど。

現地校の宿題・テストが多いので、
日本語の勉強は後回しになりがち。
でも、日本の学年ではジョーはまだ年長さんなので、
こどもちゃれんじは楽勝。
ワークはさらっとできてしまいます。
ただ、1年生のチャレンジパッドは、
現地校の1年生が始まった9月に挫折。
また来年受講しようと思います。

ただ、妖怪ウォッチや電車の本を自ら読むし、
前回の日本一時帰国中に買った
ドラえもんのDSゲームも声にだして読むので、
日本語(ひらがな)の読みは着実に上手になっています
(勉強じゃないとやるのよねー、と小さくため息w)。

 

もうすぐクリスマス。
クリスマスイブに出発予定のクルーズをすごく楽しみにしています。
サンタクロースへの手紙も書きました。

”Dear Santa, I've been good. I want Lego fire station.
(サンタさん、いい子にしているので、レゴの消防署をください)"
だって。

 

 

カイ2歳!

カイが2歳になりました。
最近ものすごく大好きなPaw Patrol(子供向けの人気アニメ)の
大きなポスターや天井につけるモービルで、リビングを飾りつけ。

f:id:e3ny:20171118115028j:image

2歳のカイは、
自分の誕生日ということは分かっていないようですが、
ちゃんとカップケーキのろうそくを吹き消していました。
さすが弟(?)、適応力に長けています。

カイは、ほとんどすべてのアルファベットが読めます。
デイケアで覚えたようで
(なぜデイケアで1歳児にアルファベットを覚えさせるのか分からないけど・・)、
これは?と聞くと、恥ずかしそうに答えてくれます。
色や数字も覚えていて、びっくりしてしまいます。

普段はとにかくダダ大好きで、
寝起きなど、私が寄っていくと泣かれます。
先々週のニューヨークシティマラソンの応援でも、
ダダが走って来たかと思ったら
すぐ走り去って行ってしまったので、
カイは号泣でした。
私が抱っこしているというのに~!

物を渡してあげたりすると、
「あっとー、まま」と言ってくれます。
ものすごくかわいいです。
ジョーはマミーと呼ぶし、
デイケアの先生や世間一般的にも
「お母さん=マミー」のはずなのに、
なぜかカイは私を「ママ」と呼びます。
すごく不思議。

「いただきます」とか「ただいま」など、
あいさつの言葉もまねして言います。
ドアを開けてくれた人にはちゃんと、
「Thank you」と言っていました。
ジョーもよくやっていた電話で話すまねもよくやっています。
「ぺらぺらぺらー、おーけー。」
となにやら商談しています(笑)。

私はあいかわらず常時体調不良です。
もう40すぎだもんね。。と思うことがしばしば。
ちょっとでいいからゆっくり休む時間がほしいです。

とはいえ、
ジョーが2歳の時はとにかく心配なことばかりで、
私はとにかく余裕がなかったけれど、
カイはここまで順調に大きくなって、
心配なことといえば、
お肌がちょっとアトピーっぽいことくらい。
なにをしてもかわいいです。

でも、いまだにジョーの心配がつきず
(勉強、友達、性格など小さい心配だけどいろいろ出てくる)、
カイに十分に構ってあげられないと感じるのも、常々の悩み。
とにかく、後悔しないように、できるだけがんばらないとね。