まりさんぽ

ニューヨーク生活の日々の記録です。毎日のごはん・子育て・たまに仕事、について。

6歳のジョー。

ジョーは今、6歳と3ヶ月。

かわいいけど、生意気です。私がちょっと怒ると、「マミーもうやだっ!!」と叫んですねます。まるで反抗期みたい。だけど、自分のベッド(カイの隣)で寝るより、「マミーの隣で寝たい。にゃーにゃー(とくっついて来る)」と甘えてきます。

相変わらず家にいるのが大好きで、週末どこかに行こうと誘っても、「やだ」と即答。遊びに行った先で楽しそうにしていても、ちょっとすると、「帰りたい」と言います。家でテレビを見て、レゴで遊んでいるのが一番楽しいみたい。昔から変わってません。

ちなみに先週、お友達家族とジョーと私でボタニカルガーデンの有名なトレインショーを見に行ったのですが、「ジョーとついにトレインショーに来られてうれしいな~」と私が言うと、ジョーは「I came here to make you happy (マミーが喜ぶと思って行くことにしたんだよ)」だって!おいおい!!ちょっとテンション下がりました(笑)。

 
f:id:e3ny:20171209010651j:image

2ヶ月前から、そろタッチというiPadを使ったそろばん教室に通っています。普段からあまり算数が得意そうではないので、ゲーム感覚でやれるならいいかな、しかも日本語のクラスだし、と思い、行かせることにしました。でもやはり、(クラスのない日も)毎日練習しなきゃならない系の習い事なので、家で間違えると泣き叫んでiPadを投げる勢い。結構ストレスみたいなのです。

すぐにやめるのも良くないと思い、いろいろ試しています。毎日一定量をクリアする、というのだと、できないときにいつまでも終わらせられなく、泣き叫んで手のつけられないことになるので、最近は「1日5分集中!」で落ち着いています。同じクラスの子がどんどん進むので、それもプレッシャーなのかも。でも、ジョーには1日たった5分でも続けることを覚えてもらいたいな。。

普段から、なるべく自信をつけさせて自己肯定力を高めたい、とは思うのだけど、現地校の一年生になってから、親としても、ジョーとのかかわり方を考えさせられることばかりです。

去年までは、「わーすごい!そんなことも知ってるの!」とか「そんなこともできるの!」ばかりだったのに、今は、85点のテストを持って帰ってくると、「あんまり良くわかってないのかな」「もっと勉強させればよかったのかな」と心配したり、「なるべくジョーの機嫌を損ねずに復習させなきゃ」と考えたり。

テストの点や成績だけを気にするのではなく、もっと本質をみて、ジョーに「よくがんばっているね」ということを伝えるようにしたいです。いろいろと難しいけど。

 

現地校の宿題・テストが多いので、日本語の勉強は後回しになりがち。でも、日本の学年ではジョーはまだ年長さんなので、こどもちゃれんじは楽勝。ワークはさらっとできてしまいます。ただ、1年生のチャレンジパッドは、現地校の1年生が始まった9月に挫折。また来年受講しようと思います。

ただ、妖怪ウォッチや電車の本を自ら読むし、前回の日本一時帰国中に買ったドラえもんのDSゲームも声にだして読むので、日本語(ひらがな)の読みは着実に上手になっています(勉強じゃないとやるのよねー、と小さくため息w)。

 

もうすぐクリスマス。クリスマスイブに出発予定のクルーズをすごく楽しみにしています。サンタクロースへの手紙も書きました。”Dear Santa, I've been good. I want Lego fire station.(サンタさん、いい子にしているので、レゴの消防署をください)" だって。